2018年 5月 24日 (木)

田中真紀子 「目白御殿跡」樹木伐採に反対!

印刷

   番組によれば、旧「目白御殿」をめぐって、文京区と住民が対立しているそうだ。なんでも、文京区は、田中家が相続税として物納した御殿跡に公園をつくることにしている。その際に、いま生えている木を半分近くカットする予定だが、これに田中真紀子衆議院議員はじめ住民が「みどりをまもる会」をつくって、反対しているのだ。

   田中真紀子は御殿前で「(歴史のある木を切るのは)もうちょっと考えたらどうでしょうかねえ」などと、スパモニに語った。

   これを見た鳥越が「環境保護の面からもなるべく木は切らないほうがいいと思う」と話すと、伊集院光が反論。「それを住民が言うのはわかるけど、物納した人が使い道を言ったら、物納じゃないじゃん、ていうのはありませんか?」

   「それはある」と認めた鳥越は…「真紀子さんだから許されるのかなあ」とぽつり。いまのところ、区側は安全面などの理由もあり、これ以上木は増やせないと突っぱねているというが、今後、真紀子側の言い分が「許される」ことになりそうな気がしないでもない。


   トップニュースはやはりパリス・ヒルトン出所だった。これで、もう彼女のニュースを見ずに――済まないんでしょうね。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中