2018年 7月 18日 (水)

パリス出所「ちょっと臭いメシでギャラアップ?」

印刷

   6月8日に再び塀の中へぶち込まれた女優のパリス・ヒルトン(26)が26日出所した。

   下はジーンズ、上は白のTシャツにモスグリーンのジャケットというシンプルな姿で塀の中から出てきたパリスに、「ワーッ」「キャーッ」の大声援。これに応えてパリスが右腕を上げて指で合図。「こんなのおかしい、ママ」と号泣して塀の中へと消えたときとは様変わりだ。

   小倉から「なぜこんなの『とくダネ!』で取り上げるの。デーブのせいだよ」と指名されたデーブ・スペクターによると、「獄中日記」の出版以来、テレビ出演など早くも引っ張りだこで、ギャラもうなぎ昇り。

   これには小倉も「ちょっと臭いメシを食っただけなのにギャラがケタ違いに上がるなんて……」と、羨望ともやっかみとも取れるコメント。


   今朝のオープニング、小倉の『特待生』に関するスポーツ・ルールで始まった。途中から「力士は車の運転を禁止されている」という相撲協会の自主規制に触れ、小倉は「なぜか理由がわからない」と。そこでデーブが「エアバックが膨らまないから」、これに小倉は「力士そのものがエアバックでは?」と応酬。今朝は「笑いは健康のもと」ではじまった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中