羽賀研二逮捕「いつも彼のまわりは金が渦巻いていた」

印刷

   タレントの羽賀研二(45)が、債権を減額させようと債権者をおどした恐喝の容疑で逮捕された。元プロボクシング世界チャンピオンの渡辺二郎(52)、山口組系暴力団幹部ら3人も逮捕。とうとうやったかの感、なきにしもあらず。

4億円を1000万円で?

   羽賀は、不動産業者(51)から4億円を借りていたが、昨年6月、渡辺らが大阪市内のホテルで、不動産業者に1000万円を支払い、残りの債権を放棄するよう脅し、放棄確認書にサインさせた疑い。羽賀自身はその場にいなかったが、羽賀の弁護士が同席して1000万円を支払ったという。

   梅宮アンナさんとの関係や、事業の失敗などで多額の借金をかかえているなど、羽賀には話題が多かったが、昨年末には結婚し、手がけている宝石ビジネスも順調と伝えられていた。番組の取材では、問題の借金のうち、3億7000万円は株の購入代金としてあずかったものだったが、40万円の株を3倍の120万円で計算しており、詐欺の疑いもあるという。

   加藤浩次が「4億円を1000万円で?」と驚く。

   ここで芸能担当の井上公造が登場して、「事務所では渡辺主導で行われたとみている」といったが、テリー伊藤は

   「渡辺に謝礼も払っているはずで、そのままでは受け取れない」と否定。さらに「いいとも青年隊で出ているときから、いつも彼のまわりは金が渦巻いていた。たいしたギャラをもらってるわけでもないのに、フェラーリだポルシェだと、生活できるのかと。なんか微妙に怪しいんですよ、いつもいつも」

   井上も「こういう連中とつながりがあるのが、悲しい」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中