2018年 7月 18日 (水)

「早食い王」小林敗れる「くやしいです」

印刷

   きのう7月4日(日本時間5日未明)に行われたニューヨーク恒例の「ホットドッグ早食い大会」で、7連覇をねらったフードファイター小林尊さん(29)が敗れた。

次の日はどうなっちゃうんですか?

   12分間で何本食べられるかというシンプルな競争。小林さんは2001年から、50本、50.5本、44本、53.5本、49本、53本3/4と6連覇、現地では「THE TSUNAMI」と呼ばれていた。しかし今回、小林さんは自身最高となる63本を達成したが、予選会で59本という記録を出していたジョーイ・チェスナットさんがさらに66本という快記録を出し、優勝した。

   いくつかの不運もあった。3月に母(53)が他界、フードファイター活動を3カ月中止していた。また、3週間前にあごを負傷して口が開けなくなった。鍼治療などでなんとか参戦したという状態でもあった。

   自身「試合」と呼ぶ大会を終えたばかりのニューヨークから、小林さんがナマ中継で登場した。

   「くやしいでしょう?」と呼びかける加藤浩次に「くやしいです」と小林さん。しかし、見た目に平然としているのはさすが。

   テリー伊藤が「次の日はどうなっちゃうんですか?」
   「お腹はパンパンですけど」
   「お通じは?」と加藤が悪のり。
   「まあ、回数はふえますけど」に大笑い。

   あごの負傷をどう克服したか、が面白かった。

   「そのままでは指2本しか開かない。下あごを前に出して外すともっと開く」
   「エーッ、あごを外して食べた?」と加藤。
   テリーは「職業病ですね」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中