「早食い王」小林敗れる「くやしいです」

印刷

   きのう7月4日(日本時間5日未明)に行われたニューヨーク恒例の「ホットドッグ早食い大会」で、7連覇をねらったフードファイター小林尊さん(29)が敗れた。

次の日はどうなっちゃうんですか?

   12分間で何本食べられるかというシンプルな競争。小林さんは2001年から、50本、50.5本、44本、53.5本、49本、53本3/4と6連覇、現地では「THE TSUNAMI」と呼ばれていた。しかし今回、小林さんは自身最高となる63本を達成したが、予選会で59本という記録を出していたジョーイ・チェスナットさんがさらに66本という快記録を出し、優勝した。

   いくつかの不運もあった。3月に母(53)が他界、フードファイター活動を3カ月中止していた。また、3週間前にあごを負傷して口が開けなくなった。鍼治療などでなんとか参戦したという状態でもあった。

   自身「試合」と呼ぶ大会を終えたばかりのニューヨークから、小林さんがナマ中継で登場した。

   「くやしいでしょう?」と呼びかける加藤浩次に「くやしいです」と小林さん。しかし、見た目に平然としているのはさすが。

   テリー伊藤が「次の日はどうなっちゃうんですか?」
   「お腹はパンパンですけど」
   「お通じは?」と加藤が悪のり。
   「まあ、回数はふえますけど」に大笑い。

   あごの負傷をどう克服したか、が面白かった。

   「そのままでは指2本しか開かない。下あごを前に出して外すともっと開く」
   「エーッ、あごを外して食べた?」と加藤。
   テリーは「職業病ですね」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中