2020年 10月 30日 (金)

詩人・谷川俊太郎、75歳。映画を撮る(ETV特集)

カンタン約1分!あなたの健康に関するアンケートのお願い
J-CASTニュース テレビウォッチ
(c)NHK

   詩人の谷川俊太郎さん(75)が映画監督に初挑戦している。「詩」が原作となり、映像はすべて写真で構成するという、異色の映画「ヤーチャイカ」だ。

   原作・脚本は、同じく詩人の覚和歌子さん。覚さんは、宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」の主題歌「いつも何度でも」の作詞で知られる気鋭の詩人だ。主演には、「殯(もがり)の森」の尾野真千子(25)と実力派俳優・香川照之(41)を起用した。

   映画「ヤーチャイカ」は、一度は人生に絶望し死を決意した男が、同じく心に傷を負った女と出会う物語。大いなる自然や星空のもとで日々を過ごし、「たった一度のやさしい夜」を共有する中で、もう一度生き直そうと決意する・・・

   谷川さんと覚さんは、新しい映画作りを通して、何を表現しようとしているのか?映画の制作現場をドキュメントするとともに、自作詩の朗読もまじえ、二人の詩人としての軌跡を取材。新しいかたちの「詩」を生みだそうとする、二人の今を描く。

   ※ETV特集

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中