ハンカチ、ハニカミの次は「ナガシメ」王子?

印刷

   ハンカチ王子、ハニカミ王子と最近は「王子」ばやりだが、大衆演劇の世界に「ナガシメ王子」という王子がいるそうだ。早乙女太一、15歳。7月14日夜8時から、そのドキュメンタリー特番「早乙女太一スペシャル 天賦の舞」がBS朝日で放送される。

   浅草の大勝館を中心に活躍している女形の役者で、北野武監督の映画「座頭市」にもちょっと出ている。大衆演劇のプリンス、天才的な女形であることは間違いないようだ。とにかくすごい人気で、チケットがすぐに売り切れちゃうらしい。

   でも、マスコミが「ナガシメ王子」とつけたら、本人が「古い」と言ったとか。今は若いスターが出てくるとなんでも「○○王子」とつけたがる風潮があるが、いかがなものかと思うよ。

   この大勝館の大スターがどんなに綺麗なものか。この目でしかと見てみたい。

      王子ばかり つくるな狐が 化けて出る

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中