刈羽原発放射能もれ「大丈夫なのか?」

印刷

   「あれ? 刈羽原発から煙があがってます」というレポーターの声。新潟中越沖地震の発生で飛んだヘリからの第一報だ。

また地震があるかも…

   東京電力は「原発3号機用の変電所の火災で、午後0時10分消防署により鎮火。放射能の影響もない」と発表した。変電所は原発の建物の外にあり、直接本体には影響しないと。

   ところが、午後10時になって再び会見し、「非管理区域において、午後0時50分頃水漏れを確認。放射能がふくまれた水が海水に出たことを、午後8時10分確認した」「法令で定める値以下で環境への影響はない」と。

   後段の部分はどうでもいい。問題は前段だ。非管理区域というが、実は使用済み燃料プールの水が地震でプールからあふれ出たもの。おまけに、午後1時前にそれを確認しながら、海水に流れ出た確認が午後8時。放射性物質が発電所外に流出したのは初めてだ。これは東電の管理能力の問題になる。

   テリー伊藤は「変電所の火事でも、道が混んでいたからと消防車の到着に1時間もかかっている。いまさら、何をいってんだといいたい」

   宮崎哲弥は「原発は地震のあるところに作ってはいけないもの。地震国の日本につくるんなら、耐震構造をきちんとしなくてはいけない。放射能水が外部に出たのは大きな課題を残した」という。

   加藤浩次も「また地震があるかもしれない。大丈夫なのか」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中