「地震が来るぞー」16秒前に伝えます

印刷

   今日の番組が、新潟県中越沖地震の被害を伝える映像で埋まった。そんななか、ちょっと気になったのは、気象庁の「緊急地震速報」システムの話題。

16秒前にわかってもなあ

   なんでも、地震の初期微動を感知し、震源から少し離れたところでは、地震のつたわるタイムラグを利用して、揺れがでる前に「予知」可能だということである。

   今回の地震でも、住民には伝達されなかったものの、長野県飯綱町では一足早く地震が来ることがわかった。その「一足」は…たった16秒。

   朝ズバッ!司会のみのもんたは「16秒前に『大きいぞ』って言われてもなあ」と嘆息した。現在の地震予知はこれが精一杯なのだろうか。

   「一般レベルでは対応は難しいかもしれません」と応える竹内香苗アナ。どのレベルになると、この16秒を生かせるのか聞きたいところではあった。普段から機敏で勤勉な役所レベルなら、役に立つのだろう。

   なお、この「緊急地震速報」は10月からテレビ放送されるそうだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中