2018年 7月 20日 (金)

赤城ガーゼ疑惑「これはガーセネタ?」

印刷

   事務所費問題の赤城農水相が昨日7月17日の閣議後に記者会見。左目上の額と左ほおにガーゼを張った、その痛々しい姿に報道陣もびっくり。当然「そのガーゼはいったいどうしたんだ?」と質問が集中した。
   しかし「非公開」がモットーの赤城大臣。事務所費同様に開示を拒んだ。

かえって憶測を呼んじゃいますよねぇ

記者「ケガをされたのですか?」
赤城大臣「大したことではありません」
記者「ケガはいつしたのですか?」
赤城大臣「何でもありません」
記者「暴漢に襲われたのですか?」
赤城大臣「ご心配ありません。大したことではありません」

   ナゾは深まる一方。番組ではわざわざ赤城大臣の地元の茨城まで行き取材。道を行く中年男性は「ケンカでもしたのかね、あはは!」。地元でも笑いのネタになっている。

   当の赤城大臣は記者の執拗さにたまりかねたのか、会見後に「皮膚が弱いのでかぶれたのかもしれません」とコメントを出した。

   これには小倉智昭が苦笑しながら「かぶれたのならそう言えばいいじゃないか!」と突っ込んだ。「かえって憶測を呼んじゃいますよねぇ」と佐々木恭子アナ。

   最後に、ダジャレ好きデーブ・スペクターが「これはガーセネタじゃないですか?」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中