「エコバッグにも金儲けの流れがきた!」

印刷

   「銀座に大行列ができました」。山岡三子が、うわさのエコバッグをかかえて登場した。バッグの中には、ネギ、ニンジン、レタス、ナス、大根、ジャガイモ。沢山入っている。それが本来の用途だ。

不健康ですよ

   銀座や新宿での発売をめぐる大騒動は7月14日のことだったが、こうしてみると、何の変哲もない布製の買い物袋だ。ただ大きく「I'm not a plastic bag」とあるだけ。こんなものがなぜ?

   アニヤ・ハインドマーチというのだそうだ。93年にロンドンにオープンしたブランドで、英王室御用達だとか。本来は高級バッグだが、エコバッグは、ビニール袋の消費を抑える目的でデザインされたもの。値段も税込みで2100円と安い。

   ロンドンで話題になったのが4月、スーパーのチェーンで1時間で2万個売れたというので、火がついた。国によってロゴの色が変わったりしたせいか、発売する先々で大騒ぎ。銀座の行列でも、台湾からとか、オークションに出すとかいうのがいた。

   しかし、スタジオの男たちはにべもない。

   「あれだけ走って二酸化炭素出してれば、エコじゃない」(加藤浩次)
   「不健康ですよ。セレブたちは、右手にこれをもって左手にちゃんとしたバッグをもってんですよ」(テリー伊藤)
   「エコバッグにまで金儲けの流れがきたかと」(加藤)

   「もってる人は普段使わない。そういう気持ちになること自体、なんか民族のねぇ」とテリーは露骨に嫌な顔をする。

   これも「エコブーム」の一つの断面なのだろうが・・・

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中