2018年 7月 17日 (火)

テリー推理「段ボール肉まん、絶対にやってますよ」

印刷

   世界中を驚かせた中国の「段ボール入り肉まん」。これが実は、やらせだったと、当の北京テレビが認めた。おさまらないのは加藤浩次だ。

中国の報道、信じちゃいけない!

   「これひどいよ。中国のやらせ報道を真に受けて、それをもとに作って食べちゃったんだから、まったく被害者はオレだ」

   先週7月13日の「スッキリ!」では、お料理の先生まで頼んで、北京テレビの報道通りに「段ボール肉まん」を再現。さすがに苛性ソーダは使わなかったが、加藤はそれを一口食べて「噛んでいるとだんだん溶けてくる」なんてやっていたのだから、おさまらないのも道理。

   しかし、テリー伊藤はクールだった。

   「100%ねつ造だと思っていない。過去に実際にあった話を再現したのだと思う。これだけ世界に報道されたんで、いまつぶしにかかってますけど、絶対やってますよ。テレビ局のディレクターのコメントあるかっていうと、ないでしょ」と。さすがいい目をしている。

   いま、一番ピリピリしているのは中国政府。これだけ輸出品のニセもの騒ぎが大きくなっているなかで、この報道は痛かったはず。「ねつ造」という決めつけが、起死回生のシナリオだった可能性は十分ある。北京テレビを泣かせればすむことだから。

   つまり、ねつ造ではないのかも?

   加藤だけはなお「中国の報道信じちゃいけない!」と、わめいていたが‥‥。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中