2018年 7月 23日 (月)

韓国でも!食用氷に大腸菌ウヨウヨ

印刷

   食品をめぐるインチキ、今度は韓国だ。夏に必須の食用の氷に、草などの異物が混じっていたので調べたところ、なんと川の水を使って作っていたことが判明。汚水、ゴミも混じっていて、大腸菌などの細菌が、基準の41倍もあったというのだ。

どこの国でもあるんですよ

   「これは、やらせじゃないですよね」と加藤浩次が大きな声をだした。

   実は昨日の東スポの一面に、「大バカ食わされた」という大見出しと写真で、加藤が段ボール入り肉まんを食ったいきさつが出ていて、番組の冒頭でやったばかりだったからだ。

   この製氷工場は3年間に1億4000万円もの売り上げをだしていて、「この氷は魚を冷やすため。食用は水道水を使っている」といっていたが、保健所が調べたら細菌だらけ。ソウル市内の飲食店など200か所でアイスコーヒーやかき氷に使われていたというので、もちろん責任者は逮捕された。

   加藤は「買ってきた氷は安全だと思っちゃう」といった。

   テリー伊藤は「日本でも、ミートホープあったでしょ。どこの国でもあるんですよ。モラルでしょ。しっかり抜き打ち検査してほしいよね。日本も含めて」

   テリーは冒頭の肉まんのときにも「中国はまだとんでもないことやってますよ」と断言していたが、日本だってまだあるかもしれない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中