段ボール肉まん「なぜこんなことを捏造?」

印刷

   中国・北京の段ボール肉まん報道捏造を朝イチで、昨日に引き続き報じた。みのもんたは「市民は『今となっては判断しにくい』と言っている」などと紹介したあと、捏造事件という決着は"捏造"であるとの疑いを強めていった。

実際にあったんじゃないか

   「なんで、こんなことを捏造しなきゃいけないんですかね?」とみのはTBS解説委員の吉川美代子に聞く。

   「現状をわかりやすく伝えるためだったのか。はたして捏造だったっていうのが、本当かどうか…」と吉川は陰謀説を積極支持。

   みのも「そっちのほうになっちゃいますね。捏造するようなことでもない。だとしたら、実際にあったんじゃないか」と納得していた。

   捏造したとされる北京テレビの番組は、調査報道モノだったそうだ。ネタに困ったスクープ狙いのスタッフが「(危険食品が横行する)現状をわかりやすく伝え」ようと考えた――としたら、まるで絵に描いたような動機で、過去にはありふれている。

   でも、それがインサイダーには見えない、見たくない!?

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中