2018年 7月 21日 (土)

みの深読み「赤城大臣の吹き出物」もウソ?

印刷

   「暴漢に襲われたんですか!?」「たいした問題じゃありません」。赤城徳彦農水相と記者のやりとりを、みのもんたは声色を使い分けて再現する。

吹き出物じゃないな

   顔に「謎のガーゼ」を貼り付けて登場し、話題になった大臣がついに真相を語った。それによると、「要するに吹き出物の一種だった」「前回の会見で無愛想な会見になってしまったことは反省している」。

   前回の反省を生かして、つとめて明るくさわやかな赤城だったが、みのは「それなら最初から言えばいい。なんだと思う」と呆れ顔。吉川美代子・TBS解説委員が「吹き出物が恥ずかしいぐらいで、そっけない態度になるような精神力で、WTOの交渉で各国の大物を相手にできるのか」と軽く揶揄。

   これで一件落着、とはいかず、段ボール肉まん事件同様に深読みするみの。「個人的には吹き出物じゃないな。今でも何かあったと思ってる」。今日はみのの洞察力が冴えまくっていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中