2018年 7月 19日 (木)

映画「キサラギ」口コミ&ネットで大ヒット!

印刷

   5人の男優の演技合戦が見ものの密室サスペンス映画「キサラギ」(佐藤祐市監督)が静かなブームを巻き起こしている。この作品は、一年前に死んだD級アイドルの追悼会を舞台に、ファンサイトで知り合った個性豊かな男たちが「アイドルの死の真相」をめぐって紛糾する様子を面白おかしく、スリル満点に描いた秀作だ。


(C)2007『キサラギ』フィルムパートナーズ
D級アイドル・如月ミキの追悼会で初めて顔を合わせたファンの男たち(左から小出恵介、香川照之、小栗旬)。物語が進むにつれ、それぞれが抱える「秘密」が明らかになっていく…

   息もつかせぬスピーディーなストーリー展開と随所に盛り込まれたギャグが観客を魅了。口コミやネットの掲示板などで「めちゃくちゃ面白い」「映画館でこんなに笑ったのは初めて」と評判になり、週末になると満員になる映画館が続出している。

   上映館が少ないにもかかわらず興行成績は30日間で2億円を突破し、上映劇場が広がりつつある。ヒットを受けて2007年7月22日には東京・渋谷のシネクイントで、出演しているユースケ・サンタマリアと塚地武雅、それに佐藤監督が観客の質問に答えるイベントも開かれる。

   観客は20代の女性やカップルが多いが、アイドル好きの男性や中高年の映画ファンも足を運んでいるという。配給元のショウゲートは「ぴあやYahoo!の映画サイトの『満足度調査』で高い評価をしてもらっているうえに、芸能人がラジオで『面白かった』としゃべってくれているので、その評判を聞いて幅広い層の人たちが見にきてくれている。昨年の『間宮兄弟』や『ゆれる』と似たような展開だ。全国的にはこれから公開されるところもある。ぜひ映画館で面白さを実感してほしい」と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中