2018年 7月 16日 (月)

「赤城さん、出てきたときはイケメンだったのに」

印刷

   先週から大騒ぎだった赤城徳彦農水相の顔のガーゼとばんそうこうがなくなった。

うやむやになっちゃうような…

   会見で赤城氏は「毛包炎(もうほうえん)」という病名を明らかにした。毛穴にばい菌が入って炎症をおこしたのだと。それが、隠すほどのことか?

   テリー伊藤は「赤城さんて、出てきたときはイケメンだったのが、しけた中年おやじになっちゃったね」と手厳しい。

   加藤浩次が「絆創膏の原因はわかったが、かんじんのことがわからない」「この問題は解決しないでうやむやになっちゃうような気がする」といった。

   テリーは「今日は給料日でしょう。税金がふえて、年収600万円の人は、家族子ども2人で8300円、独身だと9000円手取りが減ってますよ。それを見たときに、この赤城さんの発言との差を感じちゃうんじゃないですか」

   「松岡さんの"芸者の花代"の話もありますよね」と加藤。

   参院選での自民党の支持率低下は、「半数割れか」とまでいわれる状況にある。絆創膏と花代が、一役買っている可能性は高い。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中