みの、オシムに反論「完全に力の差があった」

印刷

   世界一は無理でも、世界的にはレベルの低いアジア(連盟)地域では盟主でいてほしい――というサッカーファンの願いも空しく、アジアカップ準決勝のサウジアラビア戦で日本代表は敗退した。

サウジアラビア、スゲエと思った

   みのもんたは、試合後のオシム監督の総括「アンラッキーだった」に対する異議を唱えた。曰く、「完全に力の差があった」

   「日本のフォーメーションが、簡単に突破される。ひとりのスピードに追いつけない。サウジアラビア、スゲエと思った」

   「サッカー素人」を自負するみのもんたの感想のほうが、プロのそれよりもプロらしい。日本がなにかで勝っていたとすれば、相手が圧力をかけてこない領域での"華麗なパス回し"ぐらいじゃないだろうか。

   言葉を大事にするという評判の監督は、悔し紛れに"負け惜しみ"を言ったのだろうか。そういうのは某局の審判アナウンサー「いまのファールじゃないんですか!?」「ハンド! 取りません!」と二字で喋る解説者「いけ!そう!うて!ああ~」で十分、間に合っている。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中