2018年 7月 21日 (土)

梅宮アンナ「テレビで答えると真意が伝わらない」

印刷

   恐喝容疑で逮捕・起訴された羽賀研二。その元カノといえば、梅宮アンナだ。

見事なかわし方だね

   そのアンナが映画「リトル・チルドレン」のPRイベントに現れるというので、各テレビ局のカメラが取り囲んだ。映画の質問はそっちのけで、羽賀研二のことを聞きだそうとする芸能レポーターたち。

   「やり直したいことはある?」。映画の中身にひっかけて「羽賀との過去」について触れようとすると、アンナは毅然とした態度で応じた。

   「私はなんでも後悔をしない人なので、自分の思ったことは絶対やる。それに対して『間違っちゃったな』といっても、納得するじゃない? 自分の振り返った人生はすべて納得がいっていますね」。羽賀と付き合ったことも「納得」しているそうだ。

   しかしそれではつまらない。レポーターが「逮捕のときどう思われました?」とつっこんだが、アンナはさらりとかわしてしまう。

   「みんな聞きたいのはすごくよくわかるんだけど、関係ないんですよ。もうかなり年数もたってますし、本当にないんですよ、コメントが」

   だが、雑誌「女性自身」の7月24日号では、「ヒドイ男です。あの手口はやられたものじゃなければ分からない」などと、元恋人のことを激しく非難している。そこで、レポーターが「テレビ的には初めてなので…」と食い下がったときのアンナの対応が面白かった。

   「雑誌に答えたことがすべてなので・・・やっぱりテレビで答えると、なかなか真意が伝わらないのね。だから、テレビでは答えないんですぅ~」

   やっぱり、テレビって信用できない? なんだかテレビをバカにしたような会見だったのだが、スパモニのコメンテイターたちはそろってアンナを絶賛だ。

   「見事なかわし方だね。全部本音じゃないですか。つっこまれても平気で打ち返してくる」と大谷昭宏が言えば、木場弘子もベタボメ。

   「女性として、『後悔しない』とか『納得している』というのは、聞いてて気持ちがいいコメントですね」

   最後に弁護士の石丸幸人が、赤城センセイを念頭にチクリ。

   「明快な回答。どこかの政治家にも聞かせてやりたいですね」

文   小太郎 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中