2018年 7月 19日 (木)

ロックとパンクが大喧嘩「死ぬまでやったらいい!」

印刷

   なんだかよくわからない話。

警察へ行ってどうすんだ?

   芥川賞作家で歌手、俳優の町田康(45)が、ロックスターの布袋寅泰(45)に暴行され、2週間のけがをしたのだという。いったいなにがあったのか。

   ふたりはもともと、一緒に音楽活動をしてきた間柄。町田が一部メディアに明らかにしたところでは、6月13日を千葉の布袋の別荘ですごしたあとの14日未明、別荘から東京へ帰る車中で、ことは起こった。町田は診断書をとって、警察に被害届を出している。

   しかし、その原因については、「最初は趣味のバンドのはずだったのに、布袋さんから商業活動としてやりたいといわれ、トラブルになった。謝罪文を受け取ったが、自身を正当化しようとする内容で、謝罪とは思えない」と。町田のホームページには、病院へ行ったことや「うそつき野郎を滅ぼしたい」とあったそうだが、なんのことやら。

   一方の布袋は、事務所を通じて謝罪文を出し、けがをさせたことは「もうしわけない」といいながら、「一方的に暴力を振るったわけではない」ともいう。さっぱりわからない。

   テリー伊藤が「ロックとパンクですよ。警察へ行ってどうすんだというのもどっかにあって、話し合ってどうにかすればいいのに、最後は町田さんは作家になっちゃってる。ファックスがどうとかややこしい」と、珍しくわけのわからないコメント。

   そこへ、さかもと未明が「町田さん好き。ハンサムだからなんでもいい」と町田に肩入れ。「それが喧嘩の作法なんだと思いますよ。死ぬまで徹底的にやったらいい」。このズッコケでますます話が見えなくなった。

   にしてもこれ、トップでやるほどの話かね。参院選が心配になる。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中