2020年 8月 14日 (金)

夏の風物詩・花火の「ツボ」(美の壺)

公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎
J-CASTニュース テレビウォッチ
(c)NHK

   江戸開幕以来、将軍から庶民までその心をひきつけてきた夏の風物詩・花火。今から約300年前の享保時代にはすでに、隅田川で毎年川開きのときに花火が打ち上げられるようになっていたという。

   当時は橙(だいだい)の単色だった花火も、一つの色が二段階、三段階と色を変えるように進化していった。そこには、日本人ならではの色彩感覚と、花火師の絶え間ない努力があった。今では、色鮮やかで多彩な形状の花火になり、豊富なバリエーションの花火を楽しむことができる。

   今回の「美の壷」では、夜空に幻想的な火花が広がる瞬間の「美」を深く味わうためのツボを紹介する。

   ※美の壺

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中