福岡の無法者「恥さらし」ハント族の実態 

印刷

   九州一の繁華街である福岡の深夜。真夏が近づくこの頃は若者が暴走、無法地帯になっているという。スパモニは<恥さらしな日記>とひねったタイトルで若者の実態をリポートした。

若い子は犯罪に巻き込まれないように…

   暴走といえば、集団で巨大な爆音を炸裂させて走り回る、道路を逆走する、車をジャンプさせる・・・。こうした徒党を組む暴走族は相変わらずにいる。ところが、従来のそれとはと違った深夜族が急増している。その名はハント族。

   深夜の1時過ぎになると彼らは縦列車列をつくる。まず女性が乗っている車は路上駐車している。その脇に男性の車が横に寄せる。窓越しに声をかける。

   「なにしよっと?」「彼氏おっとね?」こんな会話で女性にすり寄ろうとする。いわば女性が面接試験をやっているようなものだ。問題はこの1組のやりとりではないことだ。

   後続の男性の車列がずらり並んでいる。2重駐車で1台のメス車に10数台のオス車。これがハント族。若い女性たちはいう。「ナンパされる期待感はあるけど・・・遊び感覚のノリ、ひまつぶし」

   ナンパされたい女性と、ナンパしたい男性が百道浜(ももちはま)周辺にあるスポットを出会いの場所にしている。つまり道路を占拠する――音楽、爆竹・・・この騒音には近隣住民は怒り心頭だ。

   「オトナの教育が不足だった面はあるけど、最近の若者はふだんは従順でも車に乗ると性格が変わるんですね。特のオンナの子にそういう傾向が見られます」(山本博・五輪メダリスト)

   赤江珠緒は「治安は悪くなる一方で、若い子が犯罪に巻き込まれないように」とお姉さん忠告。

文   初代不良家 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中