2018年 7月 18日 (水)

朝青龍出場停止「26歳の青年に品格を求めるなんて無理」

印刷

   地方巡業を"職場放棄"した横綱・朝青龍(26)にキツイ処分。9月の秋場所と11月の九州場所の2場所出場停止と減俸30%(4か月)。そして九州場所千秋楽(11月25日)まで謹慎。

相撲協会のだらしなさを指摘したいね

   番組では朝刊スポーツ紙の1面を見せる。そこには赤字大見出しで<引退!>の文字が躍っている。

   謹慎とは自宅・病院・高砂部屋以外のところをうろうろしてはいけない。モンゴルに帰国でもしたら即刻廃業となる。

   うがった見方をすると、ニホンに再入国するときは綜合格闘技の戦士として?

   「これは事実上の引退勧告になるんでしょうか。それにしても蟄居ですね。その間、何をしているんでしょ?」(赤江珠緒)

   「趣味が音楽というからねぇ」とスタジオから声が出た。朝青龍の謹慎ぶりに興味津々のようだ。また、コトをやらかすんじゃないか?

   「ズル休みをしてモンゴルでサッカーをしていた映像の証拠があるということは、それだけ友だちがいないってこと。それにテングになっていたという意味で、朝青龍と自民党は同じ。でも、処分となると政府より相撲協会のほうが手早かったね」(中村伊知哉・慶応大学教授)

   「ぼくにいわせれば26歳の青年に品格を求めるなんて無理ですよ。テングになって当たり前。しかしミスター大相撲であってもペナルティは当然」(北野誠)

   番組のコメントに参加した人からも「品格以前の問題」など手厳しい声があった。

   「・・・であるけど」と鳥越俊太郎。「ニホン人の相撲取りは弱い。横綱になれない。相撲協会のだらしなさを指摘したいね」

   ――朝青龍厳罰は、相撲の現状に不満を抱いている思いをバクハツさせたともいえる。

文   初代不良家 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中