「オーシャンズ13」
クルーニーの「敵役」アル・パチーノ、さすがの貫禄

印刷

   昔からの映画ファンにとっては1960年のオリジナル「オーシャンと11人の仲間」が懐かしい。第二次大戦の戦友たちが集まる設定だったのがリメイク版では少々変わっているが、ラスベガスのカジノから大金を盗む話は今も昔も変わらない。変わったのはフランク・シナトラ、ディーン・マーティン、サミー・デイビスJR.などが皆鬼籍に入ったことだ。唯一オーシャンの妻役のアンジー・ディッキンソンが2002年のリメイク1作目のボクシング試合の観客で顔を見せていた。

c2007 Warner Bros. Entertainment Inc - U.S., Canada, Bahamas & Bermuda.c2007 Village Roadshow Films (BVI) Limited - All Other Territories.
c2007 Warner Bros. Entertainment Inc - U.S., Canada, Bahamas & Bermuda.
c2007 Village Roadshow Films (BVI) Limited - All Other Territories.

   5年間で3部作。最初の「オーシャンズ11」では3つのカジノを襲い$150M(180億円)を強奪する。2作目の「オーシャンズ12」では最初の強盗のツケを払うためにパリ、ローマ、アムステルダムで金を奪う。だがカジノを離れるとストーリーはつまらない。この2作の敵役は両方ともアンディ・ガルシア演じるカジノのオーナー、テリー・ベネディクトだった。本作ではオーシャンたちの味方に引き込まれる。

   舞台をベガスのカジノに戻した、三部作最後の「オーシャンズ13」では敵役は巨大なカジノ・ホテルを創設するウィリー・バンク(アル・パチーノ)に変わる。一緒に資金を出し事業を立ち上げたルーべン(エリオット・グールド)に対して、カジノ完成前に契約を破棄して無一文にしてしまう。哀れルーベンは心臓発作を起こしてICUへ。オーシャン(ジョージ・クルーニー)は、仲間内で長老格の彼を見捨てられない。早速いつもの顔を集めてバンクに復讐するプランを練る。

   ボスのオーシャンは、部下の専門家を適材適所に配置。戦略家ラスティー(ブラッド・ピット)、メカの天才バシャー(ドン・チードル)、どんな警備システムにも侵入できるリビングストン(エデイー・ジェイミソン)、ペテン師のソール(カール・ライナー)などなど、3本目となると演技の上でも完璧なハーモニーが取れている。

   これまでのシリーズと違うのは現金を強奪するのではなく、バンク・カジノのオープニングに色んなトリックを使って大損をさせようとすることだ。AI(人工頭脳)を仕込んだ厳重なセキュリティがかけてある、サイコロやルーレット、ブラック・ジャック、スロットマシーンに至るまでその防御策を破ろうと試みる。

   忍びの名手イエン(シャオボー・クィン)が、天津の3階以上の建物の空中権を独占しているというインチキな中国大富豪になりすまし、カジノの賓客となる。付け鼻のライナス(マット・デイモン)が活躍する場面も多い。バンクの右腕アビゲイル(エレン・バーキン、真面目女優のコミカル演技が良い)を誘ってシャンパンを飲もうとするが、鼻が邪魔して飲めないシーンが可笑しい。敵役バンクのアル・パチーノはさすが、憎憎しげにオーシャンたちをあしらう。監督は三部作を通してスティーブン・ソダーバーグ。アカデミー賞の「トラフィック」同様に色んなエピソードを巧みに組み合わせて観客を酔わせる娯楽作品に仕上げている。

恵介
オススメ度: ★★★★☆
オーシャンズ13(OCEAN'S THIRTEEN)
2007年アメリカ映画、ワーナー・ブラザース配給、2時間2分、2007年8月11日公開
監督:スティーブン・ソダーバーグ
出演:ジョージ・クルーニー / ブラッド・ピット / マット・デイモン
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/oceans13/
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中