「石を投げられそう」楳図かずお新居に「待った」

印刷

   漫画家楳図かずお氏が新居を建築中。現在は鉄骨が組まれブルーのシートで覆われているが、この新居があまりにも"漫画チック"とあって周辺住民が怒りをこめた「待った」をかけている。

むしろ見物客が多くなって困るんじゃない?

   完成図のイラストによると、外壁が赤と白のストライプで塗装し、エントツ状の屋根には漫画キャラクター、まことちゃんの像を設置する計画だとか。

   場所は吉祥寺の井の頭公園に近い閑静な住宅街。住民は「色彩、形の暴力であり、住宅街の景観を破壊する」と工事差し止め仮処分を東京地裁に申し立てている。楳図さんサイドは弁護士も含めてノーコメント。

   改築前は外壁が全面黄色で、スパモニの取材にこう答えている。「実は赤と白にしたいんだけど、石をぶん投げられそうで・・・」楳図さんは赤と白のストライプのフリーク。その志向が新居にまでおよんだという話題だ。

   石丸幸人弁護士はいう。「日照権や眺望は公共の利益との調整ということになりますが、このケースでは、基本的に自分の土地に自分の家をどうするかは自由なのが前提なので、差し止めはむずかしいと思いますよ」

   「住民で約束事をしていないのなら、個人があーしろこーしろというのは無理でしょうね。むしろ見物客が多くなって困るんじゃない」(大谷昭宏)――あとのトークはリラックス。「外観ではなく室内だけでいいんじゃないの」(赤江珠緒)

   小木逸平アナがしめくくった。「派手な外観で石をぶつけられる心配がありますね」

文   初代不良家 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中