高所恐怖症みのもんた「180mビル」に昇る

印刷

   「原爆投下から62年…」。各時間帯のニュースコーナーでは、広島からのナマ中継が入った。平和記念式典が行われる予定の現場から、重々しい口調で現地放送局のリポーターが語りかける。リポートの内容は各時間帯で微妙に変化していったが、締めくくりには必ずふたつの要素が入っていた。「原爆しょうがない」の久間発言、いまなお政府に認定されない原爆症の人たちが苦しんでいること――。

気持ちワリィ!

   この雰囲気からすると、8時またぎの時間帯には広島の硬派な特集でも組むのか、と思っていたら、そうではなかった。

   そのかわりに、夏休み中のみのもんたが、事前収録の企画でTBS向かいの地上39階、高さ180メートルのビルの屋上に昇っていた。高所恐怖症のみのは、まだ工事が完成しておらず、スケルトンな足下を見ながら、「気持ちワリィ!」を連発。

   さらにうれしいことには、みのの夏休み感満載のお気楽企画がまだまだ続きそうだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中