2018年 7月 21日 (土)

朝ズバッ!に「苦言」 みのもんた「反省」するか?

印刷

   「捏造ではなかったが問題はあった」のか「問題はあったが捏造ではなかった」のか――。解釈は人それぞれだが、とにかくBPOなる機関が、朝ズバッ!の番組制作体制に苦言を呈した。

BPOの報告書をよく読んで、反省すべき点を踏まえ…

   これを受けて、今日の番組ではTBSの柴田秀一アナが「ご指摘を真摯に受け止め」、番組制作チェックシートなど改善策を実施済みであることをご報告。

   また、不正確な情報に基づいて断定的なコメントを下したとして、司会みのもんたも批判された。これについてみのはどう答えるのか――残念ながら、ちょうど夏休み中のみのは番組にコメントを寄せた。「BPOの報告書をよく読んで、反省すべき点を踏まえ、今後、より良い朝ズバッ!をつくることに邁進していきたい」

   まだ報告書を読んでないが、ヒマがあれば読むのにやぶさかではない。そこで万が一反省すべき点があれば反省する、と言いたいようだ。この番組におけるみのの無謬性は相変わらず維持されるようである。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中