2018年 7月 19日 (木)

悪質エステ摘発「勧誘する彼らの言葉はやわらかい」

印刷

   エステ業界は成長産業――と同時に、年間1万件を超える苦情が寄せられていた。

心の中に忍び込んでくるんですね

   そこで経産省は「業界への警告でもある」としてエステ経営会社「ヴィーナスグループ」に6カ月間の業務停止命令を出した。

   「あなた、キレイになりたいんでしょう」「今なら1回1000円でエステを受けられる」女性が何よりも過敏に反応する心理をついて、強引な手口で契約させた悪質商法である・・・。迷惑勧誘、虚偽・誇大広告、不実告知など10項目にわたる特定商取引法違反。

   「許せないですね」と冨田リカ。画面のスーパーによると<41歳で雑誌モデルに 幼児教育にも力を入れるスーパー主婦>――

   「女性は誰でも美にこだわりを持っていますから、その心理を悪用したエステがあちこちにあるようです」どうも同じような悪質業者が多いようだ。

   テリー伊藤がこの問題を取材していた。手口としてはいきなり無料だなどといわないそうだ。

   「勧誘する彼らの言葉はやわらかいんですよ。この時代に疲れてない人なんかいないのに、お疲れのようですね、ストレスがたまっているんですよ、と」

   被害者は結果として平均50万円の契約書にサインさせられてしまう。

   「心のなかに忍びこんでくるんですね」と阿部哲子アナ。

   「女性は美肌になりますなんて言葉に弱いんです。街で"お疲れさまぁ"なんて声をかけられたら注意です」リポーターの山岡三子がキゼンと警告。

文   初代不良家 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中