北京五輪まで1年 「天安門」もきんぴかに

印刷

   北京オリンピックは2008年8月8日午後8時8分に開幕するらしい。そのちょうど1年前にあたる昨日、記念イベントが天安門広場で行われた。

   「八」が続くのは中国でも縁起のよい数字だから――との説明は、これまでも番組で拝聴していたが、その理由が今日になって明らかにされた。

   「末広がりだよね」(コメンテイターの嶌信彦)というのは日本人的感覚。中国では「八」の発音が「お金持ちになる」という意味の「発財」の「発」に似ているから吉数とされているそうだ。

   そう言われると、どこかで「ふーん?」と思いつつも、「やっぱり中国人は~」と簡単に決めつけていいような気分になってくる。式典の映像を見ても成金、拝金趣味的だった。広場の後ろの天安門は金色にライトアップされて、まるできんぴかメッキを施したよう。いまや天安門も、きんぴか時代の象徴に!?

   もちろん、その後、スタジオではオリンピックへ向けての「課題山積」が語られた。改めて書くまでもないほど定番の流れであるの哉。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中