2018年 7月 23日 (月)

サエコ妊娠「みのさんなら、なんて言うかな?」

印刷

   「スポニチが"独走"してますね」。夏休み中のみのもんたの代役で司会をつとめる柴田秀一アナは、懸念を表明していた。

彼女、ボクが本命だったらしいけどね(推測)

   ダルビッシュ有投手の結婚報道である。他紙がダルビッシュのヌードに目をくらまされている間、TBSの遠縁?にあたるスポニチはいち早く、女優サエコとの結婚をスクープし続けた。

   昨日のヒーローインタビューにて、本人の口から結婚宣言が聞かれたことで、スポニチのスクープも確定。ホッとした様子の柴田だった。もともと石橋叩いて~という慎重なタイプに見えるけど、昨今の経験から、かなりの誤報・捏造フォビア(恐怖症)に陥っている可能性もありそうだ。

   ところで、結婚相手の現役早大生(といっても通信制らしい)サエコは、みのが校長をつとめる番組「学校へ行こう」に出演、活躍していたそうだ。「みのさんがいたら、なんてコメントするのかな?」(池上彰)と不在が惜しまれた。

   では、ここで僭越ながら、みのコメントをバーチャル予想してみよう。ご機嫌モードなら、「素敵なお嬢さんですよー」とまずは満面の笑み。ここまでは確定だろう。で、次は――真剣な顔をつくり、ちょっと間を置いて、「じつは彼女、ボクが本命だったらしいんだよ。いつのまに乗り換えたんだろうな~」。

   不機嫌モードの場合は「二人ともまだハタチ? いまはよくても、先は厳しいよ。力を合わせて頑張ってほしいね」。こんなところでしょうか!?

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中