「浮世の喧噪どこ吹く風」マイペース末吉竹二郎

印刷

   世界同時株安の原因はどうやら米国のサブプライム・ローンの焦げ付きらしいという話題で、番組コメンテイターの末吉竹二郎・国際金融アナリストが、この番組としては長い解説をしていた。

   末吉の話は長くなる傾向があり、アンニュイな喋りは相変わらずだ。「~なんですよね」「~ということも言えますよね」と語尾が回りくどい。

   よく聞いてみれば、イイことを言ってたりするような気もするのだが、とくに有名人とも言えない末吉の話をよく聞いてみようと身を乗り出す視聴者がどれだけいるのか、心配になってくる。

   しかし、末吉は浮世の喧噪などどこ吹く風とばかり、マイペースで安定している。それは見事なほどで、かえって見ている者の精神状態をはかるバロメータ、あるいは「今日の占い」として使えるのではないかと思ったりする。早朝、末吉の話を「うんうん」と頷いて聞いていられる日は、睡眠も十分で、体調がよい証拠だということだ。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中