モンゴルでサーカス経営「実業家」朝青龍

印刷

   今や、テレビのワイドショーで欠かせないのが安倍首相と朝青龍の話題。両方とも話題の中身が行ったり来たりで、新鮮味が感じられなくなってきたのが正直なところ。そこで目先を変えようというわけか、今朝の『スパモニ』は、朝青龍の母国でのビジネス繁盛ぶりを取り上げた。

相撲取りは裸一貫で生きていけ

   日本相撲協会は力士の副業を禁じている。このため"実業家"としての朝青龍の姿は、日本ではほとんど知られていない。ところがビックリ。ちゃっかり「ASAグループ」という企業グループを母国に持っていた。

   グループにはモンゴル投資銀行や旅行代理店、人材派遣会社。さらに1年前には、日本の国技館に相当する国営サーカス施設を買収している。いずれもトップには父親や兄弟が就任している。しかし、朝青龍の名前はないものの、実質的なオーナー経営者であることに間違いないようだ。

   英雄扱いという朝青龍のビジネスはモンゴル政府公認で、問題になった仮病(?)を使ってサッカーに興じたのも政府の要請があったからという。したがって「本人は悪いことをしたと思っていない」という声もあるのだが……。

   弁護士の大澤孝征は「何のために副業を禁止しているのか。相撲取りは裸一貫相撲取りで生きて行けという考えだと思う。甘えですよ」と。

   ただ、ここで作家の若一光司が「一つ疑問があるのですが、謹慎ということで移動を禁止し、自由を制限したりするのは憲法の基本的人権に触れるのでは……」と。これを言い始めると、オリンピック競技へ参加するための過酷な練習などできない。

   これにはさすがの大澤弁護士も「さーどうですかね。ルールに基づいてやっているのですから」と言ったきり、何を突然言い出すのやらという表情だった。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中