2018年 7月 23日 (月)

年々ひどくなる「阿波踊り」マナー「中国と同じだ」

印刷

   「加藤さん、阿波踊りです」例によって阿部祐二リポーターの取材報告は話しかけ調だ。

ひどいね

   テーマは徳島市の踊り天国。阿波踊りは最終日を迎えて37万人の人出で熱気いっぱい。「ヤットサー」「ヤット、ヤット」の掛け声とともに踊り子たちは夜空に舞う。

   "取材する阿呆"は、お祭りにボルテージが上がった若者たちに焦点を合わせた。お祭りに乗じて若者が騒ぎたてる光景はあちこちで見られるが、阿波踊りも同じだった。

   街の中心部を流れる川に大騒音。水上バイクが侵入して爆走。目立ちたいのだろう。ぐるぐる回ってうるさい!

   橋の上から見物している連中も、負けじとばかり派手にケンカが始まる。350人の警察パトロール隊は注意するのが精一杯の"取り締まる阿呆"・・・ついに橋の欄干からダイビングする阿呆も出現した。

   目立ちたい一心で、汚いアワだらけの川に飛び込む。阿部リポーターまでが「止めなさいよ」

   祭りが終わったあとの余韻は続く。イッキ飲みで浴びるように酒を飲む。野外で若者の乱痴気騒ぎ。女子高校生らしいグループは車座になって「みんなでやってるんだから関係ないよ」と気勢を上げる。

   一夜明ける。街はゴミだらけとなっていた。地元ボランティアが大量のゴミを前に嘆く。「マナーとモラルは年々ひどくなっている。中国と同じ状況で恥ずかしいですわ」

   「祭りだからってテンションが上がるのはわかるけど、ひどいね」(加藤浩次)

   「集団心理ってむずかしい。変にきつくすると暴動化するし、かといって放任するわけにもいかない」(江田けんじ)

   「阿波踊りは凄い進化しているというのに・・・もったいない」(テリー伊藤)

   ここでゲストのおおたわ史絵が奇抜な提案。「次の日は学校を休みにしてゴミ集めをさせればいいのよ」

文   初代不良家 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中