高市早苗「総理が我慢してるから…」と言いつつも靖国参拝

印刷

   今年も「8月15日」が巡ってきた東京・九段の靖国神社。今年は例年にない猛暑続きで、蝉しぐれも一段と賑やか。加えてもう一つ"異変"が……。『スパモニ』は、全閣僚が靖国参拝を取りやめるという異変を取り上げた。

異例のことですかね?

   安倍首相は「今まで申し上げた通りです」と、秋の中国訪問もあり、参拝見送り。菅義偉総務相「15日は参りません」、甘利明経産相も「直接、参拝することはない……」、高市早苗特命担当相は「安倍総理が我慢しておられるから」。

   キャスターの赤江珠緒が「異例のことですかね?」と疑問を口にした。

   "永田町専属コメンテーター"の平沢勝栄衆院議員は「波風を立てたくないという理由なら意気地がないと批判されるでしょうね。中国は、総理や官房長官などの参拝はダメと言ってますが、他の閣僚については何も言っていない。したがって参拝してもいいのですが、スズメの学校ですから、右向けといえば皆右向く」と皮肉たっぷり。

   政治評論家で日大教授の岩井奉信も「異例ですよ。イデオロギー的には安倍さんは本当は参拝したいでしょうね。総理が我慢しているのだから行かない。平沢さんが言うようにやはり"お友達内閣"なのです」。

   番組途中の8時20分ごろ、靖国神社に小泉前首相の車が到着。モーニング姿の前首相が報道陣を避けるように足早に本殿に入る姿を放映したが、「8月15日」のこの風景は、やはり不自然だ。

   なお、昨日(8月14日)の時点では参拝を否定していた高市早苗大臣は、本日午後になって靖国神社を訪れ、「国務大臣 高市早苗」と記帳して参拝した。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中