2018年 7月 21日 (土)

「代理鑑定人」タッキー、あめくみちこに「墓参りしなさい」

印刷

   ゲストのあめくみちこはアメリカ統治下時代の沖縄生まれ。彼女の顔と名前を知っていても、経歴までは知らない人が多いかもしれない。7歳で東京に移住、高校を卒業して劇団東京ヴォードヴィルショーに所属。女優であり、バラエティー番組でも活躍する。そして何より重要なことに、劇団の座長・佐藤B作の奥さんである。

変な本出すんじゃないよ!

   B作は以前、ズバリ!に出演したのだが、そのとき、あめくに手を挙げ、突き飛ばすといった意外なDV夫ぶりが明らかになり、反響を呼んだ。あめく自身はどう思っているのか。入団当初、「出会ったころはすごく怖かった」。演技指導としてバチで叩かれたこともあった。

   "古風"な夫にスタジオは大ブーイング。ところが、意外な展開が待っていた。B作との結婚は6年前だった。「そんな厳しい座長とどうして結婚?」とくりぃむしちゅー・有田が質問すると、「前の奥様が8~9年前に亡くなって、落ち込んでいたのを見かねて~」と美談調。ところが、「(前のおくさんと)重複してたんじゃないの」となぜか見抜き、あめくが「…そうですね」と自白して流れが一変。

   「女は図々しい」と他人事のようにうそぶくセンセイによれば、壮絶な夫婦喧嘩も一種のガス抜き。「バカバカしくて聞いてられない。本当は仲がいいんだよ」。あめくの運命鑑定も「しゃらくさい!」と拒否する。

   鑑定拒否は近頃では定番化しているが、今日はタッキーに代理鑑定を命じるという新たな展開があった。困り果てたタッキー、「とにかくお墓参りをしなさい」と言うと、これが大正解。前妻の供養をしないから夫婦喧嘩が起きるのだ。

   マグレ当たりに気をよくしたタッキーが「俺、本だそうかな」と調子づくと、センセイは「変な本出すんじゃないよ!」と一喝。タッキーに対して、アメとムチを使い分けるセンセイ。だが、最近は思い通りにならない場面も多いようで、苛立ちも感じ取れる。今後の二人の関係が気になるところだ。

   さて、次週のズバリ!は――休みらしい。再来週のゲストは不明。ただし、細木先生が本当にロスでお買い物する模様。なにをいくらで買うのか楽しみですね!

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中