不二家問題でみの謝罪「素直にお詫びを申し上げたい」

印刷

   司会のみのもんたが約2週間ぶりに夏休みから復帰した。留守中、みの(の頭部)をモデルにした着ぐるみ「るすもんた」が出演していたのだが、この偽もんたを手に持ってのスタジオ入り。

より一層の応援をお願いします

   「ナマのワタシより視聴率がいいっていうんだから、心配ですよね~」と軽口をたたいてるすもんたはお役御免。本家はるすもんたに負けじと意欲的に番組を進めた。

   不二家問題に関してあらためて謝罪する一幕もあった。6時少し前。CMが明け、プリントアウトをコレ見よ的に持ったみのが単独で映り、マジメな顔をしているので、そうと知れる。

   まずは世間話風に話をはじめるみの。不在の間に起きたニュースをあげていき、「そんななかで…」とBPOから突きつけられた見解文の話題に移行する。

   カメラはみのが手にした文書をアップで映す。不在時のコメントでは、「これから文書をよく読んで~」と不確定な未来形だったが、今日は文書を真摯に読破したことを強調、「40年、喋り手をやってきたが、まだまだ反省することはある」と感想を述べた。

   「真摯な気持ちで、BPOの文書を絶えず持ちながら、朝ズバッ!で頑張っていきたい」「素直にお詫びを申し上げたい」。反省の具体的な中身や、お詫びを申し上げる相手については明言しなかったが、とにかく頭を下げた。

   さらにコメントの最後でも、視聴者に向かって「よりよい番組にしていくため頑張る。より一層の応援をお願いします」と再び頭を下げた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中