逆上がり特訓8万円!「体育の家庭教師」のお値段は?

印刷

   子どもたちの運動能力が年々低くなっている。父母世代が簡単にやってのけたことが、わが子には出来ない。

いまの子は弱いねぇ

   (1)鉄棒の逆上がり
   (2)縄跳び
   (3)かけっこ

   ・・・これが三大難関だそうだ。

   スッキリ!!の「今日の特集」は子どもの「体育の家庭教師」。親には教える時間や場所がないし、的確な教え方もわからない。

   こうした風潮が需要となって「体育の"お受験"を有料で教えます」――わが子をたくましくしたい――こうした体育の駆け込み寺がちょっとした人気になっている。1レッスン(1時間)が4000円~7000円。いまやスポーツ特訓の派遣会社が100社以上。

   番組は特訓にカメラが密着。小3の康平くんはちょっと肥満タイプ。クラスで逆上がりがひとりだけ出来ない。その上に「カッコ悪い」と妹にいわれて発奮した。

   この場合は親のサイフとの相談があるのは当然だ。インストラクターのマンツーマン指導を受けて腹筋、なわとびと鍛えながらついに15回目で「やったぁ」・・・レッスン料総額78,750円!

   小6の大瑚くんは合気道やテニスなどを得意とするスポーツ少年だった。ところがカナヅチ、泳げない。この夏休みの目標は「クロールで25メートル泳ぐ」

   呼吸とバタ足の問題点を克服して4日で成功。「気合いだね」見学に来た母親と祖父はほくほく満足。・・・有料特訓でした。

   「これって年齢制限がないのかしら。私も夫も実はカナヅチなので、お願いしようかしら」(三船美佳)

   こんな声を無視するように加藤浩次は「いまの子は弱いねぇ。それにぜいたくですよ」

   テリー伊藤もさめた口調で「親はいいもんを食わせ過ぎだよ」――

文   初代不良家 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中