みの、為末の歩幅に挑戦「足が長い私でも届かない」

印刷

   世界陸上テーマソングのヘヴィローテーションぶりが際立ってきた。まるで選挙終盤の選挙カーのように琴線を掻きむしる。

助走をつけて…

   さて、そんな世界陸上に合わせた宣伝コーナー。番組はハードル走の選手で、数少ない"話題の"日本人選手、為末大のプロモーションビデオを流した。

   そして、スタジオには、ハードル走における為末の歩幅を再現した長さ2メートル70センチのボードが登場。みのは「いくら足が長いワタシでも、届かないよ」とボードの上を歩いて見せた。

   そのうち、「助走をつけて…」と言い出した。24時間ウォーキングの大将に触発されたのか、右から左から飛び、ボードの上を行ったり来たり、息を切らすほどの活躍ぶりだった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中