「私は貝になりたい」の真実描くドラマ、中村獅童が熱演

印刷

   日本テレビは2007年8月24日21時から、終戦記念特別ドラマ「真実の手記 BC級戦犯加藤哲太郎 私は貝になりたい」を放送する。主演は歌舞伎俳優の中村獅童。「私は貝になりたい」といえば、1958年に放送されたフランキー堺主演のドラマが有名で、下級戦犯で絞首刑になる主人公の悲劇を描いた作品として強い印象を与えた。

   この1958 年版は「生まれ変わるなら、私は貝になりたい」と主人公が書き残して処刑台の階段が昇る場面で幕を閉じる。しかしドラマのモチーフとなった手記の作者・加藤哲太郎さん自身は、絞首刑を宣告されながらも釈放を勝ち取った「貝にならなかった男」だった。今回のドラマでは、加藤さん自身の「真実」が描かれる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中