2018年 7月 20日 (金)

山口・祖父殺害少年「アキバのドンキ」で「万引き」逮捕

印刷

   山口県上関町で祖父(79)を殺害して逃走、県警が逮捕状を取って行方を追っていた孫の県立高校1年の少年(16)が8月21日、東京・秋葉原の量販店で万引きしたのを見つかった。警視庁万世橋署で身元が割れて、逮捕された。

この少年はことの重大さをわかっているかも

   少年は21日午後5時ころ、外神田の量販店「ドン・キホーテ」の菓子売り場でスナック菓子を万引きしたのを警備員にみつかった。万引きしたのは、118円のスナック菓子で、所持金は数十円だった。

   調べによると、20日にバスでJR柳井駅まで出て、JRを乗り継いで東京まできたが、空腹で万引きしたと。少年は、調べにも平静で「おじいちゃんは死んだんですね」といったという。

   少年は、父が外科医、母が歯科医。4人兄弟の二男で、両親が離婚後、広島県内で母と一緒だったが、昨年の夏休みから上関町で祖父母と暮らし始め、この4月から県立高校に通っていた。学校や近所の人の話では、おとなしく、頭も良くて、気遣いのある子だったという。

   祖父は教育熱心で、2人の娘を歯科医師に育てたのが自慢。この少年についても「医者にさせたい」と言っていたといい、79歳にもかかわらず、自宅から学校まで片道20キロを毎日車で送り迎えしていたという。それだけに、学業成績にはきびしかったという証言もある。

   祖父の死因は、なぐられたことによる脳挫傷と電気コードで首を絞められての窒息。その前には、祖母(76)をなぐってトイレに閉じこめていた。なぜそんなことをしたのかは、これからだ。

   漫画家の桜沢エリカは「つべこべ言わず医者になればいいんだ、みたいなことだったのか」。

   デーブ・スペクターも「親元を離れて、先にレールを敷かれてしまうのはプレッシャー。自分で医者になりたいというのと違う」

   小倉智昭は「ほかの事件と違って、この少年はことの重大さをわかっているかもしれない。『おじいちゃんは死んだんですね』と言ってる。話を聞いてみないとわからない。(穏やかな少年が)簡単にいうとキレた。なにか要因があったのかも」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中