黒澤監督「生きる」、幸四郎主演でドラマ化

印刷

黒澤明監督の名作映画をリメイクしたテレビドラマ「生きる」が2007年9月9日21時からテレビ朝日で放送される。がんで余命が少ないことを知った主人公・勘治が人生を見つめ直し、市民のために最後の力を尽くすヒューマンドラマだ。勘治がブランコに乗りながら、「いのち短し♪ 恋せよ少女(おとめ)♪」で始まる「ゴンドラの唄」を歌うシーンが有名だ。テレビ版の勘治を演じるのは松本幸四郎。テレビ朝日のサイトで松本は「この『生きる』という作品は振り返って自分の人生を改めて見直されている方々のためにあるような作品。だから、僕は団塊の世代の皆さんに是非ともご覧になっていただきたい」とコメントしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中