2018年 7月 19日 (木)

「さくらパパ」の次は「虎退治の姫」 疑惑続々どうなってるの?

印刷

   今度は参院選に初当選した「虎退治の姫」の不倫スキャンダル。今朝の『スパモニ』は、この新手のスキャンダルに、「賭けゴルフ疑惑と元愛人騒動」で泥沼状態の横峯議員をセットにして取り上げた。

横顔だけど、似ているなぁー

   まず「姫」の不倫スキャンダルの火を付けたのは本日発売の週刊文春(9月6日号)。今朝(30日)の同誌の新聞広告には『元高校教員が実名告発 「姫井ゆみ子との愛欲6年」』と大きな見出しが。

   華々しく初登院した姫井氏の楚々とした印象は、この見出しで粉々に。2児の母親でもある姫井氏はこの報道に、「内容はむちゃくちゃ。この件には説明しません」とコメントした。

   しかし岡山の選挙区では、若い女性が「ふさわしくないですね」、中年の婦人は「こんな方が虎退治をされたんですか」とあきれ顔だ。

   一方、本日発売の週刊新潮(9月6日号)は、横峯良郎議員をめぐる疑惑第2弾。同誌の新聞広告には『賭けゴルフの「口止め工作」 驚愕の「ハレンチ写真」』と。

   番組では同誌に掲載された「ハレンチ写真」を紹介した。酔いつぶれて服がまくり上げられ下着や腹部が丸出しの女性、また女性の顔に悪戯書きする横峯議員らしい横顔が・・・

   この写真を見て赤江珠緒キャスターは「"証拠があるなら持ってこい"と(横峯議員の弁護士に)いわれた答えが、この答えですか」と一言。ジャーナリストの鳥越俊太郎は「横顔なので断定はできないが似ているなぁー」。

   では民主党内の反応はどうなのか?テレ朝コメンテーターの三反園訓は「なぜ辞めさせないのか、安倍さんの対応と似てきた、と批判が高まってきている。秋には厳しい国会運営が確実なので、早目に対応せざるを得ないでしょう」。

   悪い芽ならば早いうちに摘むにかぎる。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中