みの「さすが根本クン!」 高畑なんですけど・・・

印刷

   午前7時前、大阪・長居スタジアムから生中継。現地に出張中のスポーツ担当アナ、高畑百合子が世界陸上のリポートを入れる。

これは参考になるねぇ。さすが・・・

   すっかり日焼けした高畑は、毎日取材に大忙しである。選手がイヤホンで聞いてる曲の名前を聞いたり、朝原選手の引退に涙したり、選手の笑顔を望遠鏡で観察したり…。

   今日は「なぜ、110mハードルはハンパな距離なのか」という世界陸上マメ知識を教えてくれた。もともとヤードで計算していたのをメートルに直したからだそうだ。

   これを聞いた司会のみのもんたは「これは参考になるねえ」と大喜び。そして、ほめる。「さすがは…根本クン!」。いや、ほめるべきは高畑=タカハタ、である。「根本クン」はみのお気に入りの、番組お天気キャスターである。

   みのは前にもタカハタの名前を間違えていた。今日は一番肝心なところで名前を間違えるという大失敗であった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中