2020年 10月 24日 (土)

収蔵200万枚!ポップスの歴史を「レコード」で残そう!

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています
J-CASTニュース テレビウォッチ
(c)NHK

   米国ニューヨークの今を伝える「ニューヨーク街物語」。今回は、ポピュラー音楽の歴史をレコードで残そうという取り組みを紹介する。

   レコードが一般に普及したのは、1950年代。最盛期には全米で毎年、5,000万枚が売られていた。音楽の歴史の貴重な1ページだが、現在では不要になったレコードはどんどん捨てられてしまっている。

   アーカイブ・オブ・ポピュラー・ミュージックでは、放送局や収集家などから寄付してもらったレコードを収蔵し、専門家の研究などに役立てている。収蔵数は200万枚。世界でも最大級の資料センターである。

   世界に10枚しか残っていない"幻のレコード"など、ポピュラー音楽に歴史を刻んだ、貴重なレコードの数々を紹介する。

   *ニューヨーク街物語

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中