(c)NHK山口千尋(47)は、靴作りの本場イギリスで一流の職人にだけ与えられる「マスタークラフツマン」の称号を日本人で初めて授与された男だ。その靴は、足の形にぴたりと合い、手入れをすれば50年履き続けられるという。" /> (c)NHK山口千尋(47)は、靴作りの本場イギリスで一流の職人にだけ与えられる「マスタークラフツマン」の称号を日本人で初めて授与された男だ。その靴は、足の形にぴたりと合い、手入れをすれば50年履き続けられるという。" property="og:description" />
2018年 6月 25日 (月)

一足40万円の靴を作る「マスタークラフツマン」の流儀とは?

総合/デジタル総合 09月04日(火) 22:00 ~22:45

印刷

掲載終了

この記事は掲載期間が終了しました。
5秒後にトップページにジャンプします。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中