新聞の社説を「口述」する朝ズバッ!コメンテイター

印刷

   安倍内閣・リブート失敗――農水相や政務官の不祥事が明らかになると、司会のみのもんたはカメラを見据えて、「いま、朝ズバッ!をご覧の国会議員のみなさん」といつもの直接アピール。「1円から領収書をつけるのは当たり前の時代だと認識したほうがいい。国民は辟易してますよ」と訴えた。

1円からの領収書は当たり前だ

   第一コメンテイター席には、与良正男・毎日新聞論説委員が座っていた。この人、新顔なのだが、この頃は頻繁に登場しており、レギュラー化も視野に入れているのかもしれない。テロップで「社説担当」という肩書きを見ているせいか、「いまの制度は性善説に基づいている。これだけ守れない政治家がいるのだから、外部監査を」というコメントが、まるで社説を口述してるように聞こえてしまう。

   それにしても、テレビのニュース系番組には「○○新聞○○委員」がよく出演する。なんだかんだ叫んでも、仕上げには「新聞」で箔を付けるのだ。

   朝ズバッ!にしても、自前の解説委員、杉尾秀哉は活躍しているが、そのほかの人材は何をしてるのだろうか。

   番組自体も、不二家問題で躓いたあたりから独自取材モノが減り、新聞を情報源にスタジオでトークする傾向が強まった感がある。

   ネットが普及して、スポーツの結果とテレビ番組表がいつでも見られるようなったため、新聞の売り上げは漸減傾向にあるらしい。しかし、この番組では、ますます新聞依存度が高まっているのかもだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中