2020年 12月 2日 (水)

年金ネコババ社保庁「もっといっぱいやってる気がする」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   社保庁と自治体の職員による年金保険料や給付金の着服が、1962年の社保庁発足以降、約3億4000万円。とくダネ!のスタジオはこんな数字はまったく信用しない。

人の年金を何だと思っているんだ?

   この数字はあくまでも判明したものに限られているからだ。

   笠井信輔アナが「社保庁が自発的に公表したのは50件のうち24件、刑事告発したのは27件。15件については警察に告発の相談もしていなかった」と朝日新聞の記事を引用する。

   ――テレビの情報番組では、当たり前のように新聞記事を読みあげるだけの進行が多くなった。自局にも政治部やら社会部があるだろうに、映像付きのニュースのほかは新聞報道頼り。最近は<新聞の焼き直し報道の多用>が気になる。

   新聞社が引用はダメ!といったらワイドショーは成立しなくなる。それはともかく。

   「3億4000万円ばかりじゃない。洗いざらい調べたらこんなもんじゃないんでしょう」(小倉智昭)

   「これは単なる氷山の一角に過ぎない。刑事告発も公表もしていない例がいかに多いか。いま総務省が識者7人で年金問題検証委員会で調べていますが、それとは別に検察、警察が独自に機関を立ち上げて調査してもらう必要がある」(ニューズウィーク編集長・竹田圭吾)

   あえて“ネコババ社保庁”といおう。5千万件の年金記録を消失させた役所だ。自分たちの“ネコババ記録”なんかは残っているとは思えない。

   ここで笠井信輔。「社保庁は一応、これ以上はたぶんないでしょう、といっています」すぐさまスタジオは一様に反応する「ありえないよ」

   「もっといっぱいやってる気がする。警察沙汰にならないで、ぬけぬけと高い退職金をもらってやめてるんでしょ」(室井祐月)彼らの高笑いが聞こえてきそうでハラが立つ。

   「人の年金を何だと思っているんでしょうね」笠井も同調した。

文   初代不良家| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中