2018年 7月 16日 (月)

年金ネコババ社保庁「もっといっぱいやってる気がする」

印刷

   社保庁と自治体の職員による年金保険料や給付金の着服が、1962年の社保庁発足以降、約3億4000万円。とくダネ!のスタジオはこんな数字はまったく信用しない。

人の年金を何だと思っているんだ?

   この数字はあくまでも判明したものに限られているからだ。

   笠井信輔アナが「社保庁が自発的に公表したのは50件のうち24件、刑事告発したのは27件。15件については警察に告発の相談もしていなかった」と朝日新聞の記事を引用する。

   ――テレビの情報番組では、当たり前のように新聞記事を読みあげるだけの進行が多くなった。自局にも政治部やら社会部があるだろうに、映像付きのニュースのほかは新聞報道頼り。最近は<新聞の焼き直し報道の多用>が気になる。

   新聞社が引用はダメ!といったらワイドショーは成立しなくなる。それはともかく。

   「3億4000万円ばかりじゃない。洗いざらい調べたらこんなもんじゃないんでしょう」(小倉智昭)

   「これは単なる氷山の一角に過ぎない。刑事告発も公表もしていない例がいかに多いか。いま総務省が識者7人で年金問題検証委員会で調べていますが、それとは別に検察、警察が独自に機関を立ち上げて調査してもらう必要がある」(ニューズウィーク編集長・竹田圭吾)

   あえて“ネコババ社保庁”といおう。5千万件の年金記録を消失させた役所だ。自分たちの“ネコババ記録”なんかは残っているとは思えない。

   ここで笠井信輔。「社保庁は一応、これ以上はたぶんないでしょう、といっています」すぐさまスタジオは一様に反応する「ありえないよ」

   「もっといっぱいやってる気がする。警察沙汰にならないで、ぬけぬけと高い退職金をもらってやめてるんでしょ」(室井祐月)彼らの高笑いが聞こえてきそうでハラが立つ。

   「人の年金を何だと思っているんでしょうね」笠井も同調した。

文   初代不良家 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中