2018年 7月 22日 (日)

「安倍内閣2.0」はバグだらけ

印刷

   Web2.0という言葉が流行語になって久しく、むしろ手垢にまみれた感じもするが、まだ「2.0」をやってる企業があるんである。新しさ、変化を強調するための表現だった「2.0」。いまでは1ビットでも効果はあるんだろうか。

安倍内閣、今後どうなりますか?

   まあ、仮にあるとしても、バージョンアップは必ずしも「改良」を意味しないのが現実だ。たとえば、「安倍内閣2.0」は相変わらずバグだらけだし。

   ということで、安倍内閣の農水相辞任が決まると、番組は待ちかまえていたように、議員の地元の山形に飛んだ。「大物歌手を直撃」とあったので、誰かと思ったら、地元山形の演歌歌手、大泉“孫”逸郎なのであった。

   ともあれ、新曲を歌う元気な大泉逸郎2.0が、何年かぶりに拝見できたのはよかった。

   それにくらべて安倍内閣は心配だ。「安倍内閣、今後、どうなりますか?」。司会の加藤浩次に聞かれた“言論界のエース”宮崎哲弥。好きな男性芸能人を熱く語って視聴者を困惑させた失地を回復しようと力強く政治を語る。

   「自民党内から総辞職の声があがるのも当然。この内閣の運営は難しい」と断じていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中