黒沢「天国と地獄」ドラマでリメーク 佐藤浩市主演

印刷

故黒沢明監督の名作をリメークしたテレビドラマ「天国と地獄」が2007年9月8日21時から、テレビ朝日系で放送される。1963年の映画公開から44年ぶりのリメークとなる。映画で三船敏郎、仲代達矢、香川京子が演じた役を、佐藤浩市、阿部寛、鈴木京香がそれぞれ演じる。演出は「刑事たちの夏」「永遠の仔」などのドラマで知られる鶴橋康夫。物語は、シューズメーカーの重役・権藤のもとに「息子を誘拐した」と電話が入るところから始まる。しかし誘拐されたのは運転手・青木の息子だった。それでも身代金を要求する犯人に対して、権藤の葛藤が続くことになる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中