2020年 7月 10日 (金)

「雑草」がつかんだ日本一 ラグビー名将・春口廣「不屈の人生」

印刷
公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎
J-CASTニュース テレビウォッチ
(c)NHK

   関東学院大学ラグビー部監督・春口廣(58)は同大学を6度、大学日本一に導いた。

   今年で監督生活34年になるが、その道のりは苦闘の連続だった。30年前、関東学院のラグビー部に来たとき、グラウンドにはゴールポストすらなく、練習に出てきた部員はわずか8人だった。しかも、体力不足で闘志ゼロの選手達ばかり。

   春口はまず、部員が辞めないように練習を控え目にした。コミュニケーションも兼ねて、少ない給料から焼き肉や酒をご馳走した。しかしながら、試合は全敗。100点差で負けるゲームもあった。まるで「スクールウォーズ」の世界だった。

   転機となったのは夏合宿だった。春口のユーモアあふれる人柄や熱く語る夢に選手たちは惹かれていき、みんなで一つの目的に向かいはじめた。それから3年後、チームは3部リーグで優勝するに至る。

   そんな春口の原動力はコンプレックスなのだという。身長156センチという短身に加えて、スポーツエリートとはいえない経歴。さまざまな逆境を乗り越えてきたその姿は「不屈の名将」と呼ぶにふさわしい。毎週水曜に放送される「知るを楽しむ」で、4回にわたり春口の人生を追う。

   *知るを楽しむ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中