LUNA SEA解散は「1000万円以上の御輿」のせいだった!?

印刷

   世界陸上など特別番組の影響で、3週間ぶりの放送となった「ズバリ言うわよ!」。ゲストに元LUNA SEAのドラマー、真矢を迎えた。前宣伝では「税金滞納 豪邸差し押さえ」「元アイドル妻との別居報道」とスキャンダルを並べたて、「いま、なんで真矢なの?」という視聴者の疑問に答えていた。

個人で御輿をつくるなんて、絶対にやっちゃいけない

   栄光のバンド時代の華麗なビジュアルを振り返ったり、ドラムの生演奏をしたりと定番の演出が見られる中、なんとLUNA SEA解散の隠れた真相が明らかになった。真矢28歳の時、幼い頃よりの御輿(みこし)好きが高じて、"マイ御輿"を1000万円以上かけてつくった。この御輿が"アダムの林檎"だったのだ。

   細木数子大先生曰く、「個人で御輿をつくるなんて、絶対にやっちゃいけない。神々をボウドク(冒涜のことらしい)することで、人生狂います。神社に奉納しなさい」。あらゆる意味で元ロックスターらしからぬ真矢は「ハイ」「ハイ」といちいち肯き、教師に叱られた小学生のように畏まる。

   御輿制作の翌年にLUNA SEAが解散したことに、司会進行役のくりぃむしちゅー・有田が目を付け、相棒の上田が「これは関係ありますか?」と冗談混じりに聞く。センセイは「あるあるある」とのご託宣。LUNA SEA解散は御輿のせいだったのである。

   「2億円豪邸の差し押さえ、売却」については「バンド時代の収入レベルで建てた。バンドが終わったら、維持できなかった」と率直に認める。別居報道は完全否定。住まいが手狭なので、仕事場を別に持ったのが誤解されたと主張した。

   センセイは疑わしげな目で黙っていたが、鑑定になると「(生活苦から)奥さんは別れたいと思ってる」と爆弾発言。真矢、さすがに「ハイ」とは言わなかったが、「辛い所だね。音楽だけで生活は難しいんじゃないの」と聞かれて、「いま、需要がないことはたしかですね、ハイ」。いくらなんでも正直すぎて、シロウトの深刻な人生相談のようだ。「話がうまいから、バラエティータレントになりなさい」という芸能界的な結論が、まったくそぐわないムードになっていた。

   なお、この後には、米国・ロサンゼルスで洋服、靴、下着など、総額約3300万円分を買いあさる「お買い物劇」が放送された。偶然の皮肉だったのだろうか。

   さて、次週のズバリ!は――俳優の川野太郎。そのハチャメチャな過去にカツ!ということらしいです。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中